CATEGORY 久米島暮らしのリアル

  • 2020.10.06

離島の台風対策

 近年は様々な自然災害が多く、先日も大型台風の話題が多くのメディアで取り沙汰されていました。またこのような台風がいつやってきてもおかしくはないですよね。災害被害に備えるためにどのようなことをすればいいでしょうか。沖縄本島でも台風対策はしてきましたが、離島は本島とは違う対策があることを知ったので、それも踏まえながら台風対策と台風時の過ごし方についてご紹介します。 台風対策 1.ベランダ、庭  ベラン […]

  • 2020.09.15

移住して残念だったことTOP3

  ▲「こんなはずじゃなかったのにな…。」  久米島に移住して6年目の香奈です。沖縄本島の出身ですが、同じ沖縄でも離島の生活は本島とはまた違っていました。移住して良かったこともありますが、残念に感じたこともあります。  移住を考えている方は、メリットだけでなくデメリットも知っておいた方が、後々「こんなはずでは…。」ということを避けられると思うので、今回は個人的に残念だなぁと感じたことをご […]

久米島の物価は本土に比べて高い?安い?

こんにちは、久米島暮らし1年目のくぼです。 今日は、生活していく上で切り離せない「物価」のお話をしたいと思います。 久米島は本土と比べて高い?安い?気になりますよね。 生活の基本、衣食住別に比較してみました! 1,食について 一口に食べ物と言っても色々ありますが、まずは食材。 スーパーなどで手に入る生鮮野菜・お肉・お魚は久米島でとれたものや沖縄県産のものが多く並びます。 季節の野菜やお魚などは本土 […]

久米島の子育て事情:未就学児編

こんにちは、サキムラミカです。 沖縄は全国的に出生率が高いことはみなさんご存知だと思います。では、沖縄で出生率が高い市町村はどこだかわかりますか? なんと!久米島町なのです。全国平均1.49 沖縄平均1.91 1位はなんと久米島町で2.31です。 https://sumaity.com/town/ranking/okinawa/birth/ 久米島では出産できないのに…なんという出生率なのでしょう […]

  • 2020.07.27

久米島に移住して良かったことTOP 10

みなさんこんにちは、タクです。久米島に住んで約1年が経ちました。 まだまだ久米島を知り尽くした訳ではありませんが、今の私の視点から、移住して良かったことTOP10をご紹介します。 車関係について 10位 交通渋滞が無い 沖縄県はよく車社会と言われていますが、当然久米島は小さな離島なので、渋滞などほとんどありません。しかし、サトウキビの収穫時期(3月〜4月)に、運搬中のダンプカーからキビが落下して、 […]

  • 2020.07.15

移住前と移住後の変化について:久米島編

こんにちは、あみです。島に移住して12年。東京の生活からガラリと変わった島での暮らし。そのギャップは大きく、色んな変化がありました。いくつか、ご紹介します。 乗り物の変化 東京で暮らしていた時は、ペーパードライバーでしたが、移住後すぐに車生活に変わり毎日運転をしています。沢山の車がビュンビュンと走っていることもなく、島では大通りをまっすぐ運転するだけなのですぐに運転には慣れました。基本的に毎日徒歩 […]

  • 2020.07.14

久米島の仕事探し事情・アルバイト編

東京出身の島嫁あみです。今日は、暮らしに欠かせない仕事について。島では、どのようにアルバイトを探していくのかをご紹介したいと思います。 知り合いの数で、仕事が増える 仕事を探す上で、島の友人に相談することは必須です。「採用するなら、知らない人より知っている人の方がいいさぁ~。」と、まだ公になっていない募集が耳に入ってくることも度々あります。アルバイト募集のチラシは、スーパーなどにも掲示されています […]

  • 2020.07.03

久米島の子育て事情:小学校編

東京出身の島嫁あみです。久米島に移住して12年。我が家には、一緒に島生活を歩んでいる小6と小2の子供がいます。内地の小学生とは少し違った環境での暮らしとあって、面白いことも多々あります。今日は、住んでみて分かった久米島での子育て事情・小学生編をお届けします。 島の小学校はやっぱり生徒が少ない 久米島の小学校は、全部で6校。全校生徒の人数が地域によって異なっていて1クラス辺り30名前後のところもあれ […]

  • 2020.07.01

久米島の買い物事情:食料品編

東京出身の島嫁あみです。今回は、移住前には考えたこともなかった島での食料品事情のあれこれをご紹介します。 CMに出てくるものが食べたい 島内には、誰もが知っている有名なファーストフード店が1店舗もありません。CMが流れる度に、大人も子供も食べたい現象に陥ってしまうのは島あるあるです。お取り寄せできないファーストフードは、出張などで本島に立ち寄った際にお土産として持って帰ってくるととても喜ばれます。 […]